部分矯正と全体矯正の違いを確認しましょう

部分矯正と全体矯正の違いを確認しましょう

診療カード

部分矯正を知ろう

新宿駅の近くにある矯正歯科では、部分的に矯正を行う部分矯正があります。口内の一部分だけの歯並びが悪い場合に、部分矯正が有効とされています。全体を矯正する場合に比べると、範囲が小さい分費用が安く短期間で効果を得ることができるというメリットがあります。

前歯におすすめ

奥歯に比べると前歯は治療がしやすいです。部分矯正をする患者のほとんどが前歯に対して治療します。接客業などの人と顔を合わせることの多い職業の方が良く利用しています。もし前歯にコンプレックスがある方は、一度部分矯正を考えてみてはいかがでしょうか。口元の見た目を整えることができます。

全体矯正との違い

部分矯正と全体矯正は、矯正する範囲の違いがありますが、これにより多くの違いが生まれます。一部分にしか装置をつけないので、全体矯正の三分の一ほどの費用で行うことができます。また、期間も2~3年ほどかかる全体矯正に比べて部分矯正だと、約半年ほどで終わると言われています。

矯正装置の種類

  • ラビアル矯正
  • リンガル矯正
  • インビザライン

広告募集中