幼稚園教諭は大学を卒業することで資格が取れる

勉強道具

ピアノや折り紙が役立つ

保育士の女性

女性に人気のある職業の一つといえば保育士です。保育士の一番の魅力は子どもたちと触れ合えることでしょう。まだ歩けないような乳児から小学校へ上がる前の幼児を保育施設では預かっています。そこで、可愛い子どもたちの成長を間近で見ることができるのです。大変というイメージはありますが、それでも保育士を目指す人はたくさんいます。保育士を目指す場合、大学や短大、専門学校に通うという人がほとんどです。大学は4年で、短大や専門学校は2年で保育士に必要な知識を学びます。それぞれの学校で必要な課程を終了することで保育士としての資格を取ることができます。また、保育士の試験で合格することでも取得が可能です。大学や短大、専門学校などに通っていれば、実際に実習を受けることができます。保育所で子どもたちと触れ合いながら、保育士に必要な知識を身につけることができます。保育士に必要といえば、手先の器用さとピアノの技術でしょう。保育所では掲示板や園内の飾り付けを画用紙や折り紙で作ることもあります。また、発表会があれば衣装を作ることもあるでしょう。絵を描くのが得意だったり、手先が器用であればこういった行事に活かすことができます。そのため、大学や短大の授業では折り紙を取り入れているところもあるようです。ピアノはどこの大学や短大でも取り入れられています。しかし、ピアノを触ったことのなかった人や苦手な人もたくさんいるでしょう。ピアノが苦手でも何か別の楽器で子どもたちを楽しませることができれば大丈夫です。