幼稚園教諭は大学を卒業することで資格が取れる

勉強道具

半数の人が合格している

勉学

人の多い企業にはその人数に見合った衛生管理者が必要です。衛生管理者は、50人以上の企業では1人以上いなくてはいけません。労働者の環や健康、安全を管理する大切な職務があるからです。更に人数が増えると2人以上必要というように衛生管理者の必要な人数も増えます。大企業に勤めていると上の人から衛生管理者の資格を取るようにいわれる場合もあるでしょう。資格があればキャリアアップにも繋がるので、いつか受験したいと考えているなら試験の内容や受験資格を抑えておくといいでしょう。
まず、衛生管理者の試験には2つの種類があります。第二種というのは金融や保険、小売や情報通信業などの有害業務と関係の低いところで役立てることができる免許です。もう一つは第一種といって電気屋ガス、医療や建設業などの有害な業務がある職種を含む全てのところで使うことができます。今後、どんな職につくか解らないという人は、全ての職種で役立つ第一種を取得しておくと便利です。試験科目は関係法令と労働衛生、労働生理の3つです。その3つに関係する法律の中から出題がなされています。試験はどちらも受験料は6800円です。受験資格はいくつかあるので、当てはまるものがあるかしっかりと実施先のホームページで確認しましょう。試験の合格率は第一種で約56%、第二種では約69%となっています。受験者の約半数以上の人が衛生管理者試験に合格しています。合格するためには過去問題を使って勉強をするといいでしょう。